ドクターズボイス についての記事一覧 | 助けてドクター~新宿の耳鼻科医(耳鼻咽喉科)

HOME » ドクターズボイス

ドクターズボイス

アレルギー検査の診察科

アレルギー検査はどこに行けばいい?

最近はアレルギーの症状で悩んでいる方も多いですよね。
よくあるアレルギーの症状の一つとなるのが花粉症です。
これを持っているとそのアレルゲンに触れざるをえない状況では鼻水やくしゃみが止まらない、目がかゆいといった症状が出て困ることになります。
なるべくそのような状況に陥らないためには自分が持っているアレルギーを知ることが大事で、そのために検査を受けるのもおすすめですが、これはどこの診察科に行けばいいか迷うところでしょう。
≫ 『アレルギー検査の診察科』

風邪の診察科

風邪はどこで診てもらう?

風邪をひく機会は比較的多く、これが原因で病院に行くことも多いでしょう。
このときの診察科はどこになるかというと、内科か耳鼻科となることが多いです。
どちらを選んだらいいかで迷う方も多いでしょうが、どちらでも対応できることもよくあります。
≫ 『風邪の診察科』

耳鼻科と内科の違い

耳鼻科と内科はどう違う?

耳鼻科と内科ですが、どちらの病院でも風邪の診察をやっていますし、耳鼻科の方が早く治るという噂もよくあります。
具合が悪いときなどどちらの病院を受診するか迷う方もよくおられますが、これら病院にはどんな違いがあるのか、よくわからない方もおられるでしょう。
耳鼻科と内科の違いですが、一番よく知っておきたいのは診察を行う部位についてです。
内科は特にこの部位が専門という指定はなく、体に起こる不調や病気全般の相談を受けています。
≫ 『耳鼻科と内科の違い』

【耳鼻咽喉科】気管支喘息の症状と原因、治療法について

誰もが一度は耳にしたことがある気管支喘息。
気管支喘息は常に症状が出るわけではありませんが、アレルゲンの吸入や運動、ウイルス性などが引き金となり発症してしまいます。
では、気管支喘息の症状や原因、耳鼻咽喉科で治療をするときの方法について見ていきましょう。
≫ 『【耳鼻咽喉科】気管支喘息の症状と原因、治療法について』

【耳鼻咽喉科】アレルギー性鼻炎の症状と原因、治療法について

アレルギー性鼻炎には季節性と通年性の2種類があり、季節によってアレルギー性鼻炎の症状が出てしまう人と、1年中アレルギーの症状が出てしまう人がいます。
アレルギー性鼻炎は日本人の約40%の人がかかっている疾患として知られていて、季節性アレルギーが約30%、通年性アレルギー鼻炎は約20%程度の患者さんがいると考えられています。
アレルギー性鼻炎は季節性と通年性のどちらかにかかるというわけでもなく、患者さんによっては両方のアレルギー性鼻炎を発症してしまう人もいるそうです。
≫ 『【耳鼻咽喉科】アレルギー性鼻炎の症状と原因、治療法について』

【耳鼻咽喉科】気管支炎の症状と原因、治療法について

気管支喘息については病名が有名で聞き覚えがある人は多いと思いますが、気管支炎とはどういった病気なのか知らないという人も多いと思います。
気管支炎というのは、風邪の症状が上気道から気管や気管支に及ぶことで引き起こされる病気です。
では、気管支炎の症状や原因、耳鼻咽喉科での治療法について見ていきたいと思います。
≫ 『【耳鼻咽喉科】気管支炎の症状と原因、治療法について』

【耳鼻咽喉科】扁桃腺炎の症状と治療法は?

のどの痛みが気になるようであれば、耳鼻咽喉科に行って詳しく検査をしてもらいましょう。
のどの痛みでは扁桃腺炎を引き起こしている可能性もあります。
扁桃腺炎というのは、のどが化膿して扁桃腺に白い斑点が付着し炎症を引き起こしている状態です。
扁桃腺炎になってしまったときの症状や治療法、さらに扁桃腺炎が悪化したときの病気などについてまとめてみました。
≫ 『【耳鼻咽喉科】扁桃腺炎の症状と治療法は?』

のどの痛みや違和感があるときは耳鼻咽喉科!病気と治療法

風邪の初期症状としてはのどが痛くなったり、鼻水が出始めるなどの症状が出ることが多いです。
のどが痛くなってきたから風邪をひいてしまったかもと思い、早期治療としてドラッグストアや薬局などで薬を買って飲んでしまう人も多いでしょう。
しかし、そののどの痛みが風邪ではなかったら、全く意味のない薬を飲んでしまうことになってしまうので注意が必要です。
≫ 『のどの痛みや違和感があるときは耳鼻咽喉科!病気と治療法』

鼻水や鼻づまりが気になり始めたら耳鼻科に!蓄膿症(副鼻腔炎)の可能性も!?

鼻水の症状が出始めると、人間は風邪をひいたのかなと思ってしまいます。
鼻水が出たり鼻がつまるなどの症状はよくある話で、違和感や風邪以外の病気を疑うこともないでしょう。
鼻水が出始めたときは、その色に注意して観察すると意外と病気を早期発見できる場合もありますよ。
≫ 『鼻水や鼻づまりが気になり始めたら耳鼻科に!蓄膿症(副鼻腔炎)の可能性も!?』

咳が止まらない場合は耳鼻科で見てもらおう!

人間というのは風邪の症状があったり、咳が出ていたとしても熱が出ないことには病院に行かないという人もいるでしょう。
咳が出るくらいで病院に行かないという人は、そもそも病院自体が嫌いだという人もいれば、ただ単にお金をかけて治すほどのものでもないと考えている人もいます。
しかし、咳の症状には病気が隠れていることもあるので注意しましょう。
≫ 『咳が止まらない場合は耳鼻科で見てもらおう!』